「奥の細道を原文で読もう!」へようこそ

さぁ、はじめましょう


芭蕉の一番の代表作「奥の細道」芭蕉は人生50年と言われた江戸時代に46歳にして奥の細道の行脚の旅に出て、歩いて奥羽から日本海にわたり北陸を越えて琵琶湖のほとりにある大垣まで、2400Kmを150日かけて旅しています。

この「奥の細道を原文で読もう!」では、その奥の細道を古典としての原文で読み上げ、更に現代語訳を付けて、解りやすく紀行文としてのあらすじを追っての解説をしております。動画ならではのオンライン講座です。

45編すべて動画付き


「奥の細道」は、紀行文として芭蕉が立ち寄った場所がそれぞれ細かく45か所に区分けされて書かれています。

それぞれの細かい一編を、すべてこのオンライン講座の動画で読み上げてゆきます。

目で読んだだけでは解りずらい古典の文章が、声に出して読み上げることで、解りやすく難しい古語や今では使われていない読み方の漢字などがとても簡単に解釈出来ます。

芭蕉の俳句を動画で解説


松尾芭蕉一番の代表作と言われる「奥の細道」には、有名な松島や平泉から山寺そして最上川など、名高い俳句が沢山収録されています。

これらの俳句を紀行文の中で読み上げ、解りやすく解説しております。

原文に添って紀行文としての前後の内容を説明しながらの俳句の解説ですので、芭蕉がその句で何が言いたかったかが、とても良く解ります。


この講座について

 

このオンライン講座は、動画を使っての講座です。講座のページを開くとホームページのように左にメニューが表示されます。

そのメニューに添って進んでゆきましょう。動画が中央のページにセットされていますから、そこから原文を一緒に読んでいきましょう。

一人では挫けそうな古い言葉の原文ですが、動画を見ながら読めば簡単です。内容も最後のあらすじの説明ですぐに解ります。

動画ならではのライブ感で楽しく原文を読むことが出来ます。

 


見本動画 https://youtu.be/63plFZU7m94

お申込みはこちらから http://r.goope.jp/uenotakako/free/haikubasyou